メンバー紹介

正メンバー

2 Tsutomu Ebata

2 江端 勉
右投右打 捕/一/三
メトロの大砲
チーム屈指の長距離砲で、相手に与える威圧感も備える。
アベレージは常にチームトップレベルにあり期待度が大きく、彼にしか打てない豪快な本塁打にも期待が集まる。
メンバーからの信頼も厚く、そのスタイルを真似た「小江端」というキャラも存在するとか。

3 Hiroto Ookune

3 大久根 弘人
両投右打 投/三/遊
メトロの強振王
チーム代表/監督
バッターボックスでは、「どうせ当たる可能性低いなら思い切り振っておけ」という考えの初代監督。
最多登板回数を誇るものの、近年若手好投手の出現により谷間での登板でイニングを稼いでいる。
右肩・肘痛を発症している最近では、もっぱらサウスポーでの出場を画策しようとしているという噂も。

4 Tomoyuki Oishi

4 大石 朝之
右投右打 一/二/左/中/右
メトロの番長
メトロ内では最年長ながら動きのキレと内容はまだまだ現役バリバリ!
トレードマークのグラサンが似合いすぎる風貌は一見近寄りがたい雰囲気を醸し出すが、守備では内外野安定してこなす。
試合での印象よりも飲み会での変貌振りが印象強かったりする。

5 Toshio Hashizume

5 橋爪 俊雄
右投右打 一/二
メトロのノーテンキ男
試合に欠かせないメトロ最強の晴れ男。
初年度以来、事件や名言や伝説には事欠かないお祭り男だが、最近ではほかの強烈キャラ達のおかげでややオイシイところを持って行かれ気味でもある。
なぜか空振りすると歓声があがることが多く、最近では意外性のバッター扱いされているらしい。

7 Naoki Hayashi

7 林 直樹
右投両打 捕/一/二/三/遊/左/中/右
メトロの切り札
監督代行/成績管理担当
初年度よりチームを支える頼れるアニキ。
捕手から内外野安定した守備をこなし、希望ポジションを言っても叶えられないほどのユーティリティプレーヤー。
怪我での離脱も少なくないが、ここ2年ほどは大きなアクシデントもなく活躍の頻度も増えている。

8 Tomohiro Miura

8 三浦 智宏
右投左打 投/捕/左/中/右
メトロのストッパー
2016年期待の大型新人。
某地方の名門高校OBたちの集う草野球チームで腕を鳴らし、都内への転勤によるチーム移籍となったが動きや体格はチームトップレベルのもの。
長打に加え、投手を含むセンターライン強化に大きな期待が寄せられている。

9 Yuichi Hata

9 畑 裕一
右投右打 一/二/三/遊
メトロ通信マイスター
初代ゴールデングラブ賞受賞者であり、内野守備時のジャンピングキャッチ成功率はなかなかのもの。
打撃ではゴルフだといじられ、投球ではフォームに迷走するなど散々な面も見どころの一つ。
しかし何と言っても飲み会やイベント時のメトロ通信を書かせたら右に出る者はおらず、最早指名するまでもなく担当と決まっているらしいが、ある程度酒が進むとネタが飛ぶらしい。

10 Hideo Nakamura

10 中村 英夫
右投右打 捕/一/二/三/遊/左/中/右
ミスターMOM
キャプテン
かつてのメトロのエースも、ここ数年は肩の不調で登板は絶望的となってしまった。
しかし相変わらず打撃期待感は高く、守備においては唯一となる2度のゴールデングラブ賞を獲得しているなど安定度は最高レベル!
モチベーションによる能力変化があるのか、強豪相手ほど燃えるようで成績でも実証されている。

11 Haruka Tadakuma

11 忠隈 悠
左投左打 一/左/中/右
メトロのホルスタイン
鉄板ネタ提供トリオYKK(Yuichi/Kazuaki/Kuma)と漫才トリオ「チーム新座」のリーダー。
絶大な信頼を寄せられていた左翼守備でも陰りが見えてきたり、体調が万全でないなど試練の時期が続く。
2016年はエリア11の誇りを取り戻すことはできるのか!?

12 Yusuke Masuda

12 増田 勇介
右投右打 投/二/三/遊
メトロの加藤茶
安定した内野守備は助っ人参加時から高評価だったが、テンポのいい快速球は試合終盤の大きなオプションとなっている!
私生活ではメトロの11番と仲が良いという噂もあり、新たなコンピプレーも期待されているとかいないとか。
宴会時にはもう一つの顔があるらしい。

13 Masashi Harada

13 原田 将司
右投左打 投/一/二/三/遊/左/中/右
メトロのおしゃべりクソ野郎
2015年度途中加入後すぐに頭角を現し、登板した試合の審判からはジャッジがしやすいと軒並み高評価をいただく逸材。
エース候補一番手として名乗りを上げるほか、守備での動きのキレも一級品でミスも少ない。
ただ日常からかわいがられることが多く飲みの誘いも断れないため、大抵二日酔いという一面も。

14 Kazuyoshi Narisawa

14 成澤 一嘉
右投右打 投/捕/一/三/遊/左/中/右
メトロの秘密兵器
2014年加入の秘密兵器もすっかり対戦チームから警戒される存在に!
投攻守三拍子揃っている中でも、特に長打が多いのが一番の魅力。
後に加入が続いているイキの良い若手に投手を任せ、打撃面での強烈な貢献が期待されている。

15 Takehisa Miyata

15 宮田 剛久
右投右打 投/一/二/三
メトロのオールドルーキー
2016新加入の草野球マスター。
大人の草野球とは何か、を経済力で示す初期メトロではよく見られた光景を再現してくれる素敵なメンバー!
ただこれまでは「資本力=成績」をなかなか証明できないメンバーが多いだけに、大人力を見せつけてくれるかどうかに期待が寄せられているとかいないとか。

16 Kengo Aoki

16 青木 健剛
右投右打 捕/一/二/三/遊/左/中/右
メトロのアロンソ
ミスターメトロの呼び声高い彼も、結婚後はちょっと参加率低め。
久々参加でもメンバーからの手厚い歓迎は初年度より変わらない。
相変わらずマウンドに上がるといまひとつながら、強肩好守っぷりはチーム内でトップを争う。

18 Kunirou Yoshioka

18 吉岡 邦朗
右投右打 投/二/右
メトロの雨男
渉外担当
参加すると雨が降るという、本人にはどうしようもない噂を押し付けられ早数年。
それでも、試合では積極的なスイングで意外なヒットを放つなど持ち味を発揮。
メトロ初安打記録者だったり、出席率高かったり、ユーティリティプレーヤーだったり、初年度から長く活躍している。

20 Kazuyoshi Fujimaki

20 藤巻 和義
右投右打 左/中/右
メトロのダンディ
2015年途中加入の新メンバー!
かなり長いブランクを経ての再開のようだが、初参加時には無難に守備機会をこなし、初出塁・初得点・初打点まであげた。
徐々に体が慣れてくれば動きを思い出すのも近い?

21 Takayoshi Ogawa

21 小川 貴由
右投左打 捕/一/二/遊/中/右
メトロの救世主
スケジュール担当
2015年度加入の新戦力。
初年度は肩の脱臼や後遺症などもあり思うような成績ではなかったかもしれないが、2016年に入ってからの活躍はまさにMVP級!
真の救世主となるか、今後の活躍から目が離せない。

22 Naoyuki Noguchi

22 野口 直之
右投右打 投/捕/一/二/三/遊
メトロの老獪エース
次世代エースと見込まれていたものの、最近は肩痛でなかなか満足な登板ができなくなってしまっている。
その分内野全般の守備は軽快・堅実で、ポジション争いも面白い。
正規メンバー中最年少ながら、度胸は満点でメトロの中でも独特の存在感を持っている。

24 Shinya Oizumi

24 大泉 慎也
右投右打 投/捕/一/二/三/遊
メトロのルーキー
2016年度新規加入、期待のユーティリティルーキー!
チーム内最年少で動きのキレは抜群。
チームの補強ポイントと若さを補う存在で、戦力の底上げを担ってくれることを期待されている。

34 Setsu Yamanaka

34 山中 節
左投左打 左/中/右
メトロのゆるキャラ
2014年度中途加入選手。
愛嬌ある動きと数少ない20代ということもあり、一躍チームのマスコット的な扱いに!
ただ、尊敬する選手やカラオケの選曲から、年齢詐称疑惑がわいているとかいないとか・・・